2012/04/27

[.que] 1st album "sigh" release party


2012/6/16(sat) at 難波artyard studio
http://www.artyard.jp/artyardstudio

"welcome stranger"
[.que] 1st album 「sigh」release party

open / start 18:00 / 18:30
adv / door 2000yen / 2300yen

▼act
[.que]
polarM
one day diary
metome

▼VJ
kezzardrix
kaoru
mono-kuro
kishimoto kazuhisa

▼exhibition
ヤマダサヲリ

▼food
Nowhereman

1st album "sigh"のリリースパーティを開催します。
場所は大阪難波artyard studioにて。

とても大事な日。
大好きなアーティスト、作家さんが集まってくれました。

音楽 + 映像
そして、会場内にはヤマダサヲリさんの絵を展示します。

きっと特別な一日になるでしょう。
是非お越し下さい。


■チケット予約
お名前 / 連絡先 / 枚数を記入の上、下記アドレスまで送信してください。
>> quemusixxx [at] gmail.com




【当日タイムテーブル】

OPEN  18:00 / START 18:30

18:30〜
metome × kishimoto kazuhisa

19:15〜
one day diary × mono-kuro

20:00〜
polar M × kezzardrix

20:45〜
[.que] × kaoru

>>各アーティスト、作家紹介
■live act

[.que] (http://que-music.net/)

1987年生。大阪府在住の音楽家。
アコースティックギターを基調に、繊細なエレクトロニクス、柔らかで清涼感溢れるサウンドを奏でる。
2010年4月、高橋幸宏氏(YMO,pupa)を審査員に迎えたFRED PERRY×MySpace 楽曲コンテスト ”FRED PERRY / WHY?”にて優秀楽曲として評価される。
2010年6月1st demo CD-R”AlsTak.”を発表。 2011年8月ウェブレーベルtotokokolabelから楽曲をリリース。
その他コンピレーションアルバム、宮内優里の”ほんじつのおんがく”、one day diaryとのコラボレーションなど。
コンポーザー、サウンドデザイナーとしても活動しており、空間演出、映像作品への楽曲提供等、その活動は多岐に渡っている。
今後活躍が期待される若手クリエイターの一人である。
2012年5月には1st album "sigh"をリリース、また7月にはオンラインで発表してきた楽曲を総集した2nd album "calm down"が全国リリースされる。



polarM (http://www.muranakamasumi.com/)

ギターサウンドを中心に展開されるサウンドスケープ。
繊細ながらも強い情感を持って鳴らされるそのサウンドは、深く静かに、時に反復し、時にいびつにその形を変えていく。
ソロやユニットでのライブの他、ダンスとの共演、ショートムービーや映像作品への楽曲提供等々、京都を中心に活動を展開中。
2010年、rimacona初のオリジナルフルアルバム「黄昏とピアノ」にギターで参加。2011年ファーストアルバム「Northern Birds」をNKR(Nomadic Kids Republic)より、セカンドアルバム「The Night Comes Down」をshrine.jpよりリリース。



one day diary (http://www.onedaydiary.com/)

家田茂治と松永豊の2人組。高校時代に出会い、2005年に現在の2人組として本格的に活動を開始。2006年デビュー・アルバム 「fantastic laboratory」、2007年2ndアルバム 「com.4_table」をRallye Labelよりリリース。2008年の3rdアルバム「telepathy」ではレーベルメイトである宮内優里とのコラボレーション・トラックや Organic Stereoのリミックスなどを収録し、これまで以 上に高い評価を獲得。また日本で絶大な人気を誇るイギリスのバンド、Kyteの大ヒット作「Science For The Living」のマスタリングの他、A Red Season Shade、Gutherと いった海外アーティストのリミックスを手掛ける。更に『第30回ぴあフィルムフェスティバル』準グランプリ作品「マイムマイム」(監督:岨手由貴子)への 楽曲提供やCM音楽の制作など、その活動は多岐に渡っている。

2011年9月7日、約3年ぶりのニューアルバムにして、ワンデイ・ダイアリーの新章の開幕を告げる4thアルバム「Fever or Ambulance」リリース。


metome (http://metome.dousetsu.com/metometop.html)

大阪府出身。
サウンド、アートワーク全般の活動名義として2010年より[metome]として活動開始。
2011年9月に行われた黒川良一のコンサート"BRDG#4"では豊かなサウンドスケープで観客を魅了し、
東京のオーディエンスを唸らせた。今後活躍が期待される若手クリエイター。
2012年3月、オンラインレーベル+MUSより"Wonderwall" をリリース。


■VJ

kezzardrix (http://www.kezzardrix.net/)

関西在住のプログラマ/VJ/サウンドアーティスト。 自作ソフトウェアを駆使したインタラクティブな映像と音楽,モバイルデバイスを用いたパフォーマンス等を京都や神戸を中心に行う。VJとしては,関西のクラブを中心に活動しながら,Zettai-mu Springup2011やtaico club等の大規模フェスにも出演.また,電子音楽パフォーマンスユニットplan+eの映像班に所属. 加えて,様々な作家の舞台やインスタレーション等におけるインタラクティブな仕掛けのサポートプログラマとしても活動.MVの制作等も手がける.インタラクティブな作品は文化庁メディア芸術祭審査員特別推薦作品や学生CGコンテスト優秀賞等に入選している.



kaoru (http://doyouremember-you.blogspot.jp/)

京都出身・♀
芸大在学時に音と映像を題材とする作品を制作。インストゥールセンチメンタルバンド「六階」の専属VJとして2011年から大阪を中心に活動。色とりどり、あたたかくも物憂げな冷たさを兼ね備えた繊細で壮大な空間を創り上げる。



mono-kuro (http://mono-kuro23.blogspot.jp/)

映像と、写真と、音楽と
ふわふわと ゆっくりと
マイペースに活動をする
大阪在住映像作家


kishimoto kazuhisa (http://kazuhisa.sakura.ne.jp/blog/)

1985年大阪生まれ。
ソロユニット”Arms Mo Enium”の活動を軸に、電子音楽家の石上和也(DARUIN)とのユニット”D.N.A.(DARUIN and Arms Mo Enium)”や、yokokuraとのユニット”ml85″などで音楽活動を展開している。
映像面では上記ユニットのパフォーマンスに映像的要素を取り入れたり、エレクトロニカアーティスト”metome”のVJや、実験映像作品なども製作。
また、イベントおよびレーベルの主催も行っている。

■exhibition

ヤマダサヲリ (http://saoriyamada.aikotoba.jp/)

グラフィックデザイン・アートワーク制作を手掛ける。
(CDジャケット / フライヤー / ポスター / ロゴ etc.)
「質感」にこだわりを持ちながら制作をし、
視覚から触覚、断片から全体、人々のなかですくすくと育っていく作品をテーマとする。
個人企画「音楽を絵に」(=音から伝わる光景や気持ちを絵に描いていく)を行い、
発信・展示を続けている。