2012/10/24

voice1024


▼10月20日 at 難波artyard studio
「submarine tour×artyard studio」に出演させていただきました。

お誘いを受けたのは大阪のシンガーあさじさん。
今年の夏に初めて出会った人。

あさじさんと上坂拓海さんのユニット「月灯」の演奏にはいつも心を動かされます。
優しく、透き通るような、またその中に込みあげてくる何か。
曲が生きているといつも感じます。

4組出演した中で歌のない出演者は僕だけ。
他の人にはどう映ったのだろう。

このようなイベントはいつも挑戦です。


▼10月21日 at 京都METRO
IdleMoments × Hz-recordsのイベントに出演させていただきました。
毎度ながらお祭り騒ぎの一日。
もちろん楽しかったの一言。

自分のライブの時もたくさんの方が見てくれてたみたい。
嬉しい限り。

IdleMomentsクルーの皆さん、そしてHz-recordsの皆さんお疲れ様でした。
また楽しい思い出が一つ出来た。


二日間を終えて。

出演して感じたこと、どちらのイベントも自分の色に合っていたのだろうかというちょっとした疑問。

今年は本当にたくさんのイベントにお誘い頂きます。
弾き語りのイベント、バンドのイベント、またクラブミュージックのイベントなど。
正直自分のジャンルがわからないです。

場違いじゃないかな、大丈夫かな、と思う時も多々。

でも、たくさんいるアーティストの中自分をブッキングしてくれていること。
本当に嬉しいことです。
おそらく他の人より良い経験をさせていただいてるのは間違いないんじゃないかな。どのイベントも楽しいです。

この二日間は真逆のイベントだったと思う。

一日目は弾き語り(歌もの)のイベント。
二日目はクラブミュージックのイベント。

歌を歌っていない、ノイズやビートが入ってる訳でもない。
そんな自分がこの二日間で出演したイベントは意味のあることなんじゃないかなと思います。

次に繋げられたら。

そう思います。