2012/12/29

一年の終わりに


2012年が終わる。
今年は本当にいろいろあった。

すべて書ききれないほど。
大切な思い出は胸の中にしまっておく。
その中でも少しだけ。

▼CDリリース

「sigh」
5月に1st album "sigh"をリリースしました。
自主でリリースでありながらも全国各地、たくさんの方からお褒めの言葉をいただきました。
楽曲やデザイン等、CDが出来るまでを一からすべて。
「やらなきゃわからないこと」
周りの協力があって5月「sigh」が出来上がりました。
CDを出すというのはやはり音楽をやっている人なら憧れるもので、このCDが出来上がったときは本当に感動しました。
「sigh」には本当にたくさんの思いがこもっています。

「calm down」
7月に2nd album "calm down"をリリース。人生初めての全国リリース。
タワーレコードやHMV、Amazonなど街のお店に自分のCDが並びました。
CDを出す、CDがお店に並ぶというは音楽活動をしていく上での一つの夢。
今年はその夢が一つ叶いました。
全国展開ということもあり、これまで僕のことを知らなかった人にも聞いてもらったみたいで本当に嬉しかった。

▼ライブ

今年はVJにカオルさんを迎えて演奏してきました。一緒に出演したのは19公演。
映像を混ぜた演奏は評判が良く、カオルさんは今では僕にとってとても大切な存在です。
ひょんなキッカケから二人でイベントに出演するようになりましたが、結果一緒にやれてよかったと思います。
東京や九州、また大きなイベントにもたくさん出演させていただきました。
今年は初めての土地、場所での演奏が多く何もかも初めての経験。
常に楽しみと不安が混じっていて変な感じがしていました。
大好きなアーティストと共演できたこと、出演してみたかったイベントに出れたこと。
出演させていただいた一つ一つのイベント、思い出としてちゃんと閉まっておきます。
会場でCDを買ってくれた方や話しかけてくれたお客さんも本当にありがとうございました。

2つのリリースを機にこれでもかとたくさんの人と繋がりました。
音楽を通じて人と出会うのはほんとに嬉しいです。
「音楽には不思議な力がある」
まさにその通りだと思います。
個人的にもいろんなことがあったし、怒濤の一年だった気がします。
一年あっという間。
夢が叶った一年。

また来年も「夢」に向かって進んでいこうと思います。

今年、自分と出会った人すべての人に感謝します。
本当にありがとうございました。

[.que] / Nao Kakimoto