2013/04/22

【drama】3曲目「comet」について


こんにちわ。
早いものでもう3回目ですね。最初は見てくれる人もいるのか?と不安だったのですが、アクセスを見てみるとそれなりに見てくれている人もいるようで一安心しています。ホッ。

さてさて、今回はアルバム3曲目「comet」についてです。

 この楽曲はこのアルバム収録曲の中だと一番(もしかしたら今までの僕の楽曲の中でも?)攻めというか、テンポの速い楽曲です。
エレクトロニカ要素の強い楽曲でもあって、音の気持ち良さ、浮遊感、疾走感などいろんなものが感じ取れるんじゃないか、と。



この楽曲は久しぶりにcyan/nというソフトを使っていてリズムパターンをグリッチさせたり、ちょっとしたノイズを作っていたり。
ギターばかり録音する自分には普段あまり使用しないソフトですが、今回この曲の土台ができた時にもっとカッコ良くなりそうだなぁと思い、久しぶりに使ってみるか!と今回使用してみた訳です。
いわゆる"おもしろい音"を生成するのに役立つ素敵ソフトですね。
このおかげもあって!すごくカッコ良い楽曲に仕上がりました。
自分的に言うとはこれぞエレクトロニカ!ですかね。


そうそう、この楽曲の「comet」の意味。
これ制作途中に小瀬村さんや他の方からどういう意味なの?とよく聞かれたのですが、「comet」は"彗星"という意味で、この曲の疾走感や雰囲気から自分には宇宙っぽいイメージがあってふと昔見たヘールホップ彗星を思い出したんですよね。

子ども頃に見たので曖昧にしか覚えていないのですが、家の外に出て母と一緒に見た記憶があります。
僕の実家はとても田舎で街灯が少なく、星空がすごく綺麗に見えるんです。
その星空と一緒に彗星も見ることができて、とても綺麗だったなぁと。

そういうこともあって、今回この楽曲を「comet」と名付けた訳ですね。

彗星はほうき星と呼ばれることもよくあるのですが、ほうき星と言えばBUMP OF CHIKENの「天体観測」を思い出す訳で。
僕が初めてエレキギター(レスポールスペシャル)を手にすることになった思い出のある曲でもあって…(なんだか話がズレてきたぞ…?w)

まぁ、なにが言いたいかというと田舎の星空、彗星、天体観測、何かと宇宙的なもの、天文学的なことが自分が好きなんだろうなということです。


最近では天文宇宙検定なるものがあるらしいので気が向いたら受けてみようかな、なんて。

話があっちこっちしちゃいましたが、どうぞ「comet」もよろしくお願いします。(無理矢理) 

SCHOLE SHOPでは少し試聴できますので是非。

【drama - SCHOLE SHOP】
http://schole.shop-pro.jp/?pid=57599151