2013/08/22

夏の旅

約5日間の旅が終わりました。

香川県、小豆島でのレコーディングはほんとに楽しかった。
島のいろいろな音を録音してきました。



普段、何気なく聞いている音を少し気にして聞いてみると意外と面白い音だったり。


瀬戸内国際芸術祭の夏会期中ということで展示されている作品も見れたし、とにかく大収穫な小豆島滞在でした。





また秋にお邪魔したいと思います。

小豆島を後に広島へ。



広島県は東広島市西条に。

大学四年間を過ごした大切な街。


西条にある雑貨屋さんfranc's、僕のアルバムdramaを置いていただいてます。
昔のお話から今のお話まで。本当にご縁に感謝。


そして西条アミーゴにて、数曲演奏しました。
僕が生まれて初めて足を運んだライブハウス、音楽に目覚めるキッカケになった場所。

3rd-RUNNERの解散ライブ。

僕は大学時代、3rd-RUNNERというバンドでVo/Gtを担当していました。
3rd-RUNNERのライブでは僕が所属していた時代の曲「tiny star」という曲を一曲歌わせてもらいました。


解散ライブ、湿っぽくならなくて良かった。

サーランらしくて本当に良かった。
本当にありがとう。




Ba / Vo かっちゃん
Dr 貴久さん
そして、僕の後を継いでくれたGt キム。
 

出会えてよかった。


あの時代にバンドが、また音楽ができて本当に良かったんだと思う。
先輩も後輩も全力で、本気で音楽をやっていたしお互いに刺激しあっていたと思う。

あの場所で過ごした四年間は自分が磨かれた時間。
 

いろんなことを勉強した。
 

西条での四年間は間違いなく「今の自分」の核になっていると思う。

当時のバンド、音楽を今も続けている人は少なくなってしまった。
 


もちろん寂しい。
 


僕は当時とは形は違えど今も音楽を続けているし、これから先も音楽と向き合っていきたいと思う。

大袈裟で勝手なことかもしれないけど当時のみんなの気持ちを背負って、これからも進んでいきたい。


まだまだこれから、なのかな。


なんて思いながら。