2014/08/15

4th album "Water's Edge"



Water’s Edge / [.que]

1. Departure
2. Halfway
3. Wave
4. Clear Water
5. Summer Memory
6. After Sunset
7. Homeward
8. See You


Release Sep. 15
schole


Water’s Edge

故郷の風景を想い、旅は始まり、波の音が記憶を呼び起こす。
幾つもの軌跡が現れては消え、偶然に重なり何かを生み出した。
水のように滑らかに、確かに在った時間の淵を辿りながら帰路につく。

SCHOLE SHOP
http://schole.shop-pro.jp/

SCHOLE INC.
http://www.scholecultures.net/





- Album Concept -

四枚目となるアルバム「Water's Edge」をscholeより発表します。

僕が生まれ育った徳島を思い、また昨年の夏に瀬戸内国際芸術祭2013のため訪れた香川県小豆島での旅の思い出を音にしました。

小豆島を訪れた際、島のたくさんの音をフィールドレコーディングしたのがきっかけで、どうしても録音した島の音を使った作品を作りたくなりました。

加えて、兼ねてから録音していた地元の海、内妻海岸の音。
また、演奏で訪れた三好百年蔵のアップライトピアノの音。

それらを僕が想う気持ちで素直に楽曲として作り上げました。

昨年は5月に"drama"をリリースして演奏で本当にたくさんの土地に訪れました。

その思い出の一部ではあるけれど、こうやってアルバムとして皆さんにお届けできるのはとても嬉しいです。

当初は海外のレーベルからリリースする予定の作品でした。

前作とはまた毛色の違った作品だと思っていますが、僕の表現したい音が素直に伝わるアルバムかなと思っています。


僕は海が好きです。
僕は自然が好きです。

このアルバムを通して海の匂いや夏の夕暮れを感じていただけたらと思います。

楽曲解説、使用機材についてはこちら
about "Water's Edge"


- Place -



香川県、小豆島。
grafさんのお誘いを受けて瀬戸内国際芸術祭2013に参加。
小豆島のたくさんの音を録音しました。

graf|カタチラボ
http://www.graf-d3.com/islandlab_sounds/

このアルバムを作るきっかけになった旅の思い出。




生まれ故郷は徳島。徳島は自然にあふれています。
海、山、川、緑。
高校を卒業するまでは自然を身近に感じて生活していました。

そんな自然の中でも最も身近に感じていたのは海。
サーフィンをしたり、釣りをしたり。
子どもの頃、 何度となく訪れ夕暮れまで遊びました。

そんな海の音を。



徳島、三好百年蔵。
2013年の7月に演奏為に訪れた土地。徳島県は三好。
実は初めて訪れた土地。
同じ徳島でも地元から車で3時間の場所。

蔵にあったアップライトピアノ。
あのピアノは素直に応えてくれた、そんな気がしている。

臍 no Worldに感謝を。
http://459magazine.jp/headline/3410/