2015/02/06

BRILLIANT HOPESと自分について


BRILLIANT HOPESリリースまで一週間を切りました。

音源が出来上がってリリースされるまでってほんと長い。
早く聞いてもらいたい、CDお店に並んでいるところを見たい。
毎日毎日、布団に潜るたびに「あと◯日か」なんて考えながら寝ています。
そわそわするよね。

----------------------

今回の作品はこれまでの集大成とも言える作品。
[.que]として活動を始めたのが今から約四年前。
まだMacもなくて、DTMに興味を持ち出した2010年。
当時、MTRを使って作った「AlsTak.」というデモアルバムがあるのですが、その中の楽曲を再構築した楽曲が数曲収録されています。


このブログを読んでいる人の中にも昔から僕のことを知ってくれていて、またデモアルバムを持ってるという人もいらっしゃるでしょう。
当時100枚限定で手作りしたんだっけな。懐かしい。

2011年になってやっとDTMというものを始めて初Macに触れてみたり、スピーカー買ったり…どんどん我が家が要塞になっていく訳です。汗
最初に住んでいた大阪の家はすぐに機材だらけになったなぁ…。


ご覧の有り様で…。

その後はガレージバンド(後にLogic)というソフトで編集したり打ち込んだりして。
DTMらしいことが出来るようになって。
2011年はネットレーベルからいっぱい音源出して。

懐かしいなぁ。

この辺から一気にいろんなことが加速していく訳ですが、まぁ早いこと。
なんやかんやで2012年には2枚のアルバム「sigh」「calm down」をリリース。
その後2013年に「drama」、2014年に「Water's Edge」

何かこう見てると活動を始めてから毎年作品出してるなぁ。
CD作品に関して言えば、3年間で5枚…

こう見ると自分よく作ってんなぁ…って思います。

 ----------------------

BRILLIANT HOPES

この作品は集大成だと先ほど書きましたが、その意味を。

[.que]としての活動以前、自分はバンドマンでした。
激しい曲ばかりの今とは正反対の音楽を作っていたと言っても過言ではないかと思います。

就職を機にバンド脱退 → ソロ活動開始。

ストレイテナーのホリエさんのソロプロジェクトentを聞いて、[.que]としての自分が始まりました。
当初は僕も歌っていました。バンドの名残でしょう。
今回収録している「Will」という曲があります。
この曲は[.que]として初めて作った最初の記念すべき楽曲。
自分の未来はどうなってる?そんなことを歌った曲です。

[.que]を始めてからはエレクトロニカやポストロックを好むようになり、自然と言葉のない楽曲を作るようになりました。
歌詞がないのに、言葉がないのにどうしてこんなにも心に響くのだろう?
メロディで伝えるとは?そんなこと考え始めていた時期。

まだSoundCloudじゃなくてmyspaceが残っていた頃、「flu & springlike」という曲をアップした。
そしたらたくさん反響があって、ビックリして。
ここで「自分はまだ音楽が好きだし続けたい」そんな気持ちが強くなって、自分の中で振り切れたのでしょう。

気がつけば今まで来ていました。
四年間ほんとあっという間。

活動を通してこの四年間でたくさんの人に出会ってきました。
BRILLIANT HOPESには四年間で出会ってきた自分の大好きな方々を集めて制作に取りかかりました。

結果最高の仲間達と最高の作品を作り上げることができました。

初のドラム & ピアノレコーディング。
ゲストボーカル、また自身のボーカル楽曲。
またこれまでとは違い特にメロディを意識して作りました。

今までは聞き流すことの出来るBGM的なアプローチの楽曲が大半でした。
それが今回は気がついたらメロディを口ずさんでいる。

きっと聞いてもらったらすべてがわかると思います。


前にも書いたけど。

[.que]としての四年間が詰まった大切な作品。

短いようで長い、長いようで短い。

この四年間でたくさんのことを得ては学び、経験した。

そんな自分を表現できた作品になっています。

「自分らしさとは?」

その答えが一つ出たような気がしている。

リリースまであと少し。

自分の曲がたくさんの人に届きますように。




BRILLIANT HOPES特設サイト
http://schole-inc.com/?page_id=23438

----------------------

イノセントな音楽。窓から差し込む自然光のような、柔らかさ。
美しい記憶を思い出させてくれそう。
ホリエアツシ(ストレイテナー / ent)

----------------------

この音を初めて聴いた人達が何を感じるのか、広い場所でこの音がどんな風に響くのか。
今まで以上に想像が膨らむアルバム![.que]くんの音と友達になれる!かまん!
岡本伸明(the telephones)

----------------------

▼予約
SCHOLE SHOP|http://urx2.nu/g8Zg
TOWER RECORDS|http://urx2.nu/g8Zk
Amazon|http://urx2.nu/g8Zo
HMV|http://urx2.nu/g8Zu
iTunes|2月12日配信開始予定

------------------

BRILLIANT HOPES / [.que]

01. Origin
02. Home
03. Joint feat. affable noise
04. Anew
05. Trivial Lie
06. Himitsu feat. unmo
07. Lullaby feat. petitoto
08. Springlike
09. Misty Moon feat. akira kosemura
10. Curtain
11. Verdure
12. Will
13. Never End

溢れ出しては儚く消える輝きが、宙で結ばれ形を成してゆく。
磨き続けられた希望のかけらは、柔らかな色を纏った結晶となる。
透過と反射が織り成す世界に今、心躍るほどの美しさが広がる。

2015.2.12
Release
schole