2016/02/23

RUN TOMORROW





RUN TOMORROW


RUN伴(ランとも)は、
認知症の人や家族、支援者、一般の人が少しずつリレーをしながら、
1つの襷をつなぎ、ゴールを目指すイベント。


音楽を担当しました。

作詞、作曲、編曲、プログラミングは僕。
ヴォーカルにロックバンドaquarifaの岩田真知さん。
ミックス、マスタリングはOne Day DiaryのIEDAさん。
また、コーラスでは奈良で出会った認知症施設の方々の歌声とハンドクラップを録音しています。





ミュージシャンとして過ごす日々の中ではなかなかできない経験。
英語の歌詞を歌うのは難しいと言われ最初は大変だったけど、最終的には皆で楽しく歌って、手を叩いてレコーディングすることができた。

世の中やってみないとわからないことはたくさんで、最初から無理なんて言わず挑戦することはとても大事だと改めて感じた時間。

とても良い時間を過ごすことができました。


普段作ることのないジャンルの音楽且つ、歌詞を書くというこれまでとはまた一味も二味も違った楽曲に仕上がったと思います。

aquarifaの真知さんも今回のプロジェクトにヴォーカルとして快く参加してくれてとても嬉しかったです。
ちょっと不思議な繋がりだと思う人も居るかもしれませんが、以前も実はお仕事をご一緒していて実は今回で二度目。
以前のやつはこちらから → click
aquarifa - aquarifa.net

IEDAさんとは活動当初から本当にお世話になっていて、僕の1stアルバム"sigh"のマスタリングだったり、その他リミックスなど。
気がつけば長い付き合い。
当時からずっと頼れるお兄さん的な存在です。
ご一緒できて嬉しかった。
One Day Diary - onedaydiary.jp






昨日は池袋HUMAXシネマズにて公開イベントがあり、舞台挨拶的なものをさせて頂きました。

たくさんの人が関わり、完成したプロジェクト。
各々を役割が最大限に活かされたプロジェクト。


「認知症」

言葉だけ聞くと、難しく、ネガティブに感じる人が多いと思います。
実際に僕も初めてこの依頼の内容を聞いた時は「難しいな…」と感じました。
今回のプロジェクト通して、認知症への理解、また印象がガラリと変わり、僕自身ほんとに参加できて良かったと感じています。

決して難しいものではない。

この機会に皆さんにも知ってもらえたら良いなと思います。

今回の経験、学びはこれからの人生に活かしたいな。

---------------------

Where?
I’m waiting for you.
I’m searching for you.
I’ll go tonight.
   
I know.
I’m waiting for you.
I’m searching for you.
I’ll go tonight.

Where we go.
I know our stars.
I maybe start tonight.

Where we go.
I know our stars.
I’m waiting for stars.
and, imagine stars tonight.


- Music Credit -

Words / Music / Arrange / Programming / Chorus
[.que] / Nao Kakimoto

Vocal:
Machi Iwata (aquarifa)

Chorus:
あまがし苑高田、いまざと元気村、若年認知症サポートセンター絆や、Ciel clair、古都の家学園前、こもれび、芝の里、やたさん元気村、ゆかりの里苑

Mix / Mastering:
IEDA (One Day Diary)