2017/06/02

Schole 10th Anniversary







Schole 10th Anniversary

本日発売のV.A Schole Collection Boxに3曲参加しています。

■[.que]収録楽曲
Flora (from drama)
Halfway (from Water's Edge)
Misty Moon feat. Akira Kosemura (from BRILLIANT HOPES)

SCHOLEが歩んできた歴史の断片をここに集約。
レーベル初の5枚組、コレクションボックス。

Schole Collection Box
http://schole-inc.com/?p=26703


僕もリリースしている音楽レーベルSCHOLE(スコーレ)が設立10周年を迎えた。
本当におめでとうございます。

SCHOLEの音楽に出会ったのは小瀬村晶さんとharuka nakamuraさんのスプリットアルバム「Afterglow」からだった。

当時の自分はというと学生で広島でバンドをやっていた。
今の自分からは想像できないくらいとんがってて、メロコアやパンクばかり聞いていたんだけど、エレクトロニカ、アンビエントというジャンルの音楽に興味を持つようになっていた。
そんな時に出会った音楽。

歌がないのになぜこんなにも心に響くのだろう
なぜこんなに懐かしい気持ちになるのだろう

「Afterglow」を聞いて新たな音楽の衝撃を受けたのを覚えている。

それからというもの僕はSCHOLEのリリースは毎回チェックし都度CDを集めていた。
どれも良作でSCHOLEの音楽、インスト音楽に魅了されていった。
CDジャケットも素敵でいつも部屋に飾っていた。

それから数年が経って大阪で就職した自分。
2011年、京都に小瀬村さんがツアーで演奏しに来るとのことで見に行った。

Light Danceを聞いた瞬間、鳥肌がぞわっと。
大好きなアーティストの演奏をやっと見ることができた、聞くことができた至福の時間。

その日はharukaさんもゲストでいらしててアンコールでAzureを演奏されてこの上ない幸せな時間だったなと今でも思います。

終演後SCHOLEのトートバッグに小瀬村さんのサインをもらって、ほんの少しばかりお話をして、帰りの電車でライブで聴いた曲を繰り返し聴いて、とても満たされた一日だった。

その時のブログがあったので貼っときます↓
http://que-musixxx.blogspot.jp/2011/06/how-my-heart-sings.html

懐かしいなぁ。

その頃は自分もインスト音楽を作り出していて、いつかSCHOLEからリリースできたらいいなと思っていました。

約一年後、自主制作のファーストアルバム「sigh」をSCHOLEに送ってみると小瀬村さんから「SCHOLEからリリースしてみませんか?」と連絡をもらって、嬉しすぎて家で飛び跳ねて、走り回っていたと思います。 (大袈裟じゃなく本当に。笑)

こんなこともあるんだなぁとしみじみ。

そこからSCHOLE HOPE PROJECTやSCHOLEのコンピに参加したり、そして「drama」の制作が始まって2013年にリリースとなった訳です。

「drama」リリース後も「Water's Edge」「BRILLIANT HOPES」を立て続けにリリース。
今のところ3作品をSCHOLEからリリースさせてもらってます。
どれも思い入れのある大切な作品。


10年続けるというのは本当にすごいことだなと思います。
そんな10年の中に自分が少しでも関われていること、とても嬉しく思います。

これからも大好きで、
ずっとずっと憧れの音楽レーベル。



azure akira kosemura + haruka nakamura レコーディングの合間に少しだけ息抜き。 この曲が収録されているスプリットアルバムafterglowに出会ってから毎夏ずっと愛聴している。 何度聞いたかわからないくらい。 出会った当時、僕はピアノを弾くことはできなかったし、ましてや鍵盤に触れたことなどなかった。 afterglowを聞いてピアノっていいな、かっこいいなと思うようになった。 今の活動を始めてなんとなく触れ始めた鍵盤も今や自分を表現するツールとして大切なものになっている。 後に自分はscholeからリリースすることになったりと、人生何が起こるかわからないなと当時よく思ったものだ。 まだまだ下手くそだけど、ピアノとはこれからもずっと向きあっていきたいな。
A post shared by [.que] / nao kakimoto (@que_music) on